>>ワークショップ一覧へ

マグカップのハンドル(取っ手)はどのように作られているのでしょうか?
このワークショップでは、粘土のかたまりから、自分の手でハンドルの形を作り出し、カップに付ける工程を体験します。
ハンドルを付けた後は、マグカップにイッチン(スポイト)で自分の好きな模様を描いていきます。

教えてくださるのは、おおらかな作風で多くのファンを持つ、陶芸家・齊藤十郎さん。
ご本人の実演も目の前でご覧いただけます。
当日制作した器は一旦お預かりし、齊藤さんが窯で焼き上げてくださいます。
マグカップを自分で作る楽しさ、毎日使う喜びを味わってみませんか?

日程

①10月10日(月・祝)10:30-12:00
②10月10日(月・祝)13:00-14:30
③10月10日(月・祝)14:30-16:00
(各回 所要時間90分)

講師

齊藤十郎(陶芸家)

【プロフィール】
1969年生まれ。熊本の小代焼ふもと窯、鳥取の岩井窯で修行の後、岐阜県朝日村で独立。
その後、静岡県伊東市で窯を立ち上げ、現在に至る。
>>インタビュー記事へ
instagram: @juropottery/

参加費

4,500円(税込)+送料

定員

各回10名まで(事前予約制・先着申し込み順)

持ち物・備考

◯汚れてもいい服装、あるいはエプロン持参でお越しください。
◯マグカップの在庫がある場合、複数個作ることも可能です。当日ご相談ください(追加一個につき4,500円)
◯制作した器は当日のお持ち帰りはできません。(後日、郵送にてお送りします)
◯小学生以下は保護者のお付添が必要です。

キャンセルについて

できるだけ多くの方に受講していただくために、無断でのキャンセルは、ご容赦ください。
やむをえずキャンセルされる場合は、前日までにメールにてご連絡ください。
日時の変更は可能な限り対応いたします。

お申込み